banner_02.gif

2008年02月08日

「法令遵守」が日本を滅ぼす

「法令遵守」が日本を滅ぼす (新潮新書 197)

2007年刊
筆者は元検事

・コンプライアンス≠法令遵守
・法律で定める制度と社会の実態との乖離
・法治国家ではない日本(象徴としての法令)
・たまたま表面化した違法行為に制裁が科されるだけでは、本当の問題の解決にはならない
・重要なのは、法律が十分に機能していないという現実とその社会的背景となっている構造的要因をどのようにして是正するか
・実態とかけ離れた法令を「法令遵守」することがもたらす弊害
・法の強化は安全確保につながらない
・「法的責任」と「社会的責任」のギャップ
・人の注意力には限りがあるので、枝葉末節に個々に対応していこうとすると、根本的なこと、基本的なことから注意が離れてしまう
・守備範囲がはっきりしない問題が危ない
・法令規則の方ばかり見て、その背後の社会的要請を考えないで対応すると、社会的要請に反しているということが生じる
・細かい条文より、人間としての常識にしたがって行動することが大切
・日本の法律は海外から輸入されたもの
 市民社会の中でルールが形成され、法令に高まったというものではない
・司法と市民社会とが離れている
・アメリカでは社会の実態が法に反映される柔軟な仕組みができあがっている
 違法行為に関しては厳しいペナルティ
・日本は一度定められた法律はなかなか改正されない
 違法行為に対するペナルティは非常に緩やか
・法律家の存在価値は希少性
・相反する目的の法律が存在する(会社法と労働法、独禁法と知財法など)
 多くの企業不祥事が複数の法律の目的がぶつかり合う領域で生じている
・検察はこれまで「反社会的」との評価が明確な領域を扱ってきたが、
 昨今の行為自体の社会的価値判断を伴う問題は単純な図式では捕らえられなくなってきている
・企業も、企業に属する個人も、社会的要請に直接向き合わなければならなくなった
・組織はどうしたら社会の要請に応えることができるか?
 1. 社会的要請の的確な把握、要請に応えていくための組織としての方針の明確化
 2. その方針に従い、バランスよく応えていくための組織体制の構築
 3. 組織全体を方針実現に向けて機能させていくこと
 4. 方針に反する行為(またはその疑い)が生じたときに、原因を究明して再発を防止すること
 5. 組織が活動する環境自体に問題がある場合、そのような環境を改めていくこと
・潜在的な社会要請の把握
・組織全体を機能させる方法→内部監査、内部通報
・内部通報の本来果たすべき機能は、末端の組織構成員が直属の上司から受けた業務命令が組織としての方針に反すると思った場合に、その情報を組織のトップに提供して判断を仰ぐこと
 (上位者からの指示と現場の担当者の判断のずれを補正)
・組織で問題が発生する背景には、必ず何らかの構造的な要因がある
 担当者、直接の関係者だけを処分・処罰しても問題は解決しない
・発生した問題の根本的な原因や背景を明らかにして是正措置を講ずることが重要
・個別の企業だけでは解決が困難な事情をどのように解決するのか
 →環境整備コンプライアンス
・目標に反する自体の防止に向けて鋭敏に反応する体制
・(社会環境という光に反応する)眼を持つ組織になる
posted by とーき at 00:09 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

勝手に絶望する若者たち

勝手に絶望する若者たち

2007年刊。
筆者は産業医。

・若手の辞職理由と現場との意見の食い違い
・採用側・上司から目的・理由がその都度しっかり語られないと、
 新卒側は騙されたという印象を抱くらしい
・現代における職場教育の難しさ
・従来以上にコミュニケーションがスムーズでないと、OJTは回らないが、
 コミュニケーションは逆に粗雑になっている
・上司や先輩自身が自分のことで手一杯である
・教える能力を持った人が教えることをしなくなった
・技術革新が早い職種では旧来型のOJTは機能しなくなる
・マニュアルの手順を省く前に「どういう理由や必要性があって、この項目があるのか」
 を考える行為がおろそかになったとき、マニュアルは意味を失う
・OJT+PDCAサイクル→STDCPA
 教える側がまずやってみせ(Show)→やり方を口頭で説明し(Tell)
 →教えられた側の人にやらせてみて(Do)→双方でチェックし(Check)
 →目的に合っているかを全体で検討し、より好ましい方法があるかどうか
  考え直して再計画を立て(Plan)→それに基づいて試しに行動をし(Action)
 →うまくいったら、教える側がまずやってみせ(Show)→……
・WKY
 →業務をする上で、分からないこと(W)、困っていること(K)、
 やりづらいと考えていること(Y)を出してもらい、情報の共有化をして対策を立てる
・未来を夢想するより、現在の直視を
・なぜミスが生じたか
 →システムそのものに誤りはなかったか(ハード面の見直し)
 →扱い方は妥当であったか(ソフト面の見直し)
 →個人の判断に誤りはなかったか(人為的行為や教育の見直し)
・イメージが一人歩きしている「やりたいこと」
・共通に得られる情報は、上澄みだけ掬い取られた薄い内容である
・若い人たちはなぜ焦るのか?
 →自分が掲げたビジョンがはっきりしすぎている
・集団やチームでする仕事は「やりたいこと」ではなく、「必要とされていること」
・一人で事業をする場合も、一個人に求められるのは、社会が「必要としていること」
・必要なことは相関関係の中から生まれてくる
・若いうちからやりたいことを規定してしまうのはつまらなくもったいない
・やりたいと思っていることを大切に温め、それに近づいていくような生き方をしながら、
 徐々に絞り込んでゆけばよい
・コミュニケーションが大事だと、どの組織体も口をそろえるが、
 どうしたら粗雑なコミュニケーションを立ち直せたかという実績について
 胸を張って主張している組織体は少ない
・コミュニケーションを保つ上で共有すべきは「情報」ではなく「ベクトル」
・大切なのは世代ではなく個人
posted by とーき at 23:07 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

這い上がれない未来 Never-Climbing Society

這い上がれない未来 Never-Climbing Society (光文社ペーパーバックス)

2005年刊

・明るい階級社会を目指せ
・人間の努力と能力が報われる社会に変革できる可能性もわずかながらある

・日本は、権力の座にある人間が無責任である
・格差社会の到来と改革は無関係
・何も手を打たないならば、あなたは一生這い上がれない
・日本には負けても再度トライできる仕組み、機会均等が整っていない
・インチキ改革によって、本来の規制緩和や自由競争によって生まれるはずの社会階層を上がっていくシステムが、確立されていない
・旧来の「勝ち組」は看板を替えただけで、まだ社会の中枢に居座っている
・格差の拡大というより、全体の所得が減っている
・中流が「格差の拡大」をいちばん恐れている
・格差が広がるばかりでチャンスが得られない社会へ

・ブランド品にこだわることは今や下流であることの証明
・明治ほど日本人がみな勉強した時代は無い
・現代の日本人は、これほどグローバル化と情報化で時代が激変しているにも関わらず、どれほどの人間が真面目に勉強しているだろうか?
・現在の体制を擁護することが愛国心の発露という勘違い
・明治時代の実践無しの能力主義の落とし穴
・問題に対して、毎回同じ方法で対処していては、建て直しは不可能
・問題は解決されずに先送りされ続けている(官僚主義)
・日本の将軍が戦争でほとんどしななかったのは、現地に行って指揮していなかったから
・世襲が日本を悪くする
・アメリカの教育はリーダー(将校)になることが求められる
・日本はフォロアー(兵隊)の教育である
・グローバル化が進めば、当然あなたの給料は下がる
・企業が求める3種類の人材(少数エリート、スペシャリスト、低賃金労働者)

・われわれに用意されている国は日本だけではない
・国籍を持つ国、ビジネスを営む国、実際に住む国、資産運用を行う国、バカンスを楽しむ国
・日本人は、日本にこだわらなければ大増税や不況の煽りを受けなくてすむ可能性がある
・将来が心配でしょうがない人は日本国内に居住、資産、家族があってはいけない

・いったん全員で下流に落ちればすぐ立ち直れる(ハードランディング)
・現代の下流=いつまでも自分探しをする、常に人の真似をする、簡単なハウツーが好き
・自分は「オンリーワンだ」と信じると下流化する
・靖国問題よりも、中国と日本のどちらが儲かるかということの方が問題
・下流は、借り物のイデオロギーや思想で判断しようとする、代償行為で満足する
・這い上がりたいなら科学を信じ、独立した人間になる
posted by とーき at 16:13 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。