banner_02.gif

2008年03月21日

「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法

「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法

・他人の思惑は自分の自由にはならない
・自分の選択のきく範囲ではできるだけのことをやり、
 その結果に対する他人の思惑・評価を気にしても仕方ない
・成功も失敗も、そのことによって自分の価値が変わるわけではない
・過去の延長で生きるのをやめる
 →昔決意したことは今の自分にとって重要なのか?
・自分の価値は全て自分次第
・勇気がないときにできる最も勇敢なことは、自ら勇気を宣言しそれに従って行動すること
・お願いではなく宣言を
・私は便利屋ではないと自分に言い聞かせる
・寄生虫は食べさせてもらえなくなると宿主を嫌う
・「他人を変えられる」は驕りである
・対岸の火事に心を痛めすぎない
・物事をあるがままに受け入れた上でうまく利用せよ
・誰かの「〜すべきだった」は決してあなたのしてしまったことを変えはしない
 →あなたを自分の都合のいいように縛り付けておこうとする人の常套句
・他人を理解できないからといって罪悪感を感じる必要は無い
・他人との比較に泣き寝入りしない
・「偉大な精神は常に凡庸な人々からの激しい反対に遭ってきた」(アインシュタイン)
・「静かに」自己発揮する
 →他人から自分の評価を立証してもらう必要はない
・他人の評価は他人のもの。自分の行動は自分のもの
・気が進まないことを無理にしなくても良い
・頭にもほどよい運動と休養を(瞑想)
・悩みは全て贅肉である
・どんなときでも「今」「ここ」を楽しむ
・変わることを恐れるな。億劫がるな
posted by とーき at 17:52 | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

3週間続ければ一生が変わる (Part2)

3週間続ければ一生が変わる (Part2)

2007年刊

・きょう、自分自身をすみやかにスタートさせるために、あなたはなにをしますか?
・小さく始め、長く続ける
・偉大さは、決して現状に満足しない人々のもとにやってくる
・いい仕事をする人々にはいいことが起こる
・偉大さに到達するには練習する必要がある
・自制の代償は、つねに後悔の痛みより小さい
・水面下で行われている計画、自制、勤勉な労働、ほぼ完璧な実行は、すべて目には見えない
・成功、喜び、内面のやすらぎは自然には姿をあらわさない。創造しなければならない
・毎朝、死ぬべき運命と気持ちを通わせる
・生に集中する
・最高の自分に手を伸ばそうとせず、安全なものにしがみついているのは悲劇
・集中+日々の向上+時間=天才
・あなたの思考があなたの現実をつくる
・人生のサイズは思考のサイズの反映
・問題ではなく、可能性を見る
・全ての難題は、ものごとをよくしてくれるチャンスに過ぎない
・人に対して感じるあらゆるいらだちや不快感は、自分自身を理解するのに役立つことがある
・安全地帯から出る
・今から一年後、これは重要な問題だろうか?
・使う言葉は、生きる人生に影響を与える
・やる気を持続させる3つの方法
 1. 山頂(成功)がどのように見えるかを明確にする
 2. 登り始める
 3. 小さな一歩を踏み出す
・不安の原因は、管理、組織、準備、行動の欠如にある
・早起きのための6つの戦術
 1. 午後7時以降は食べない
 2. ベッドの中でぐずぐずしない
 3. 超一流の体調になる
 4. 大胆不敵な目標を設定する
 5. めざまし時計を30分はやくセットする
 6. 21日かける
・死んだら寝る時間はいくらでもある
・優先事項をスケジュールに組み込む
・経験豊富になるのに、年をとるまで待つことはない
・スケジュール表を縮める=より重要なことをもっと迅速にやる
・胸の張り裂ける思いをしたことがないかぎり、偉大な音楽は演奏できない
・考える時間を持つ
・自分の面倒を見る時間を作る
・最高の状態でいたいのであれば完璧な体調を保つ
・未決事項を大掃除する
・人生に死に物狂いですべてを捧げる
・成功は健全な自尊心が反映されたもの
・自分が望むものを人に与える
・礼儀正しさは非凡な人間になるための足がかり
・最善を期待しながら最悪にもそなえる
・他人に親切であることと、自分自身に親切で思いやりがあることのバランスをとる
・自分の限界を知り、極端に走らない
・人生はひたむきな人々に味方する
・しあわせは内側からやってくる
・楽しむことができる企業は長続きする
・あと30分だけ生きられるとしたら
・あなたが焦点を合わせるものは成長する
・おぼつかない足取りながらも、わたしは最高の人生をめざしている
・失敗の回数が増えれば、それだけ成功がはやくなる
・リスクがなければ報酬はない
・夢を大きく持てば持つほど障害が増える
・高いところをめざせば、それだけ多く試される
・ほかのみんなと同じように考えて行動していたら、リーダーにはなれない
・すべての偉大なリーダーは最初は笑われていた。今、彼らはあがめられている
・最良の敵は、良
・革新しつづける
・これが人生最後の夜だったら、わたしはどうするだろうか?
・人生の目的のひとつは、しあわせになること
・測定できることは改善できる
・みんなが自分自身に満足していたら、英雄など存在しないだろう
・なんでも長い間やっていれば、それに関するある程度の洞察力と理解を得ることができる
・自分の恐怖に向かって走り、ごくわずかなチャンスを掴む
・変化を妨げる4つの要素(不安、失敗、忘却、信念の無さ)を自覚する
・生活の改善点を自分に問う
・浮世の義理にノーと言う
・全員に気に入られるように振舞うことは出来ない
・思い切って聞く
・山頂をきわめるための努力を怠ったが最後、それは谷底へと滑り落ち始める瞬間になってしまう
・忙しいことから、結果を出すことに移動する
・尊敬する人物の本を読む
・出かけるときは必ず本を持っていく
・成功するためには成功する人々がいる場所に行くことが重要
・ビジネスと人生は人間のきずなを結ぶことに尽きる
・人の名前を呼んで挨拶する
・しゃべる二倍、聞く
・感情は行動の原因となる。理性は結論の原因となる
・ビジネスとは、ビジネスの相手を愛し、彼らが期待した以上の価値を与えること
・あなたが知っているもっともポジティブな人間になる
・敬意を持って人と接する
・だれもがリーダーです。でも、全員が同じではありません
・自分をなおいっそうの努力へと仕向ける
・小さなことに最新の注意を払う
・CEOのように行動する
・人気取りよりフェアでいる
・人々の中の最悪な部分ではなく、最良の部分を探す
・人が犯す間違いのほとんどは、自覚が足りない結果、慎重さにかけているだけ
・ありがとうを頻繁にいう
・激励する人間になる
・ささやかな影響力をもつ
・生きている間に徳をつむ
・いま、もっているものに感謝する
・そのために死ねるなにか、を見つける
・すべての人間は輝く義務がある
・いまあるものを愛した上で、欲しいものをもとめる
・山頂から目をそらさない
・人の役に立つことをエネルギー源にする
・逆境のときほど、ポジティブに反応する
・変えられない状態はない
・希望の無い人間はいない
・すべての中に最善をもとめる
・他人のせいにするか、自分の手でつかむか
・死ぬ前にする101のことのリストを実践する



posted by とーき at 15:29 | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

マイク・サミー、ロジャー・ドーソン「週末でお金持ちになる!」

週末でお金持ちになる!

2006年刊。
週末起業系の本かと思ったら、結構ちゃんとした自己啓発の本でした。
タイトルの「週末」というのは、アメリカでベストセラーになった筆者の前著(「不動産投資でウィークエンド・ミリオネアになる」)から取ったようで、内容には直接関係ない模様。

(メモ)
・自力で財産を作れる人になるための思考態度(マインドセット)を身に付ける方法
・成功のライフスタイル
・起こりうる問題を予測する能力を磨き、問題に対処する準備をしておくこと
・マイナスの経験から貴重な教訓が得られる
・鍛錬、邁進、強い願望
・リスクに挑むやり方を身に付ける
・勤労所得を全部使わず、一部を投資に回す
・大きな買い物をするためのお金を引退のための資金から引き出してはいけない。別に貯蓄する
・豊かさとは→この本の趣旨は経済的自立を達成すること。不労所得
・時間を消費しないで投資(自分の教育)に回す
・成功するには強い願望だけではなく、計画が必要
・アイデアだけでは駄目。アイデアを実現すること
・責任感があることを立証するほどより多くのチャンスがめぐってくる
・単純作業でも練習すれば上達する
・本当に欲しいのなら、道は見つけることが出来る
・自分の反応をコントロールすることはできる
・リスクを計算に入れて、リスクがあることを承知した上で動く
・挫折する人はいつも何もしないほうを選ぶ
・計画を立てたら、それにしがみついて進めること
・自分一人でする能力と他人を管理する能力は別
・言葉や文章の使い方を学んで、聞き手が理解するコミュニケーションのスキルを身につける
・今の方法がうまくいかないときは、うまくいく方法がみつかるまで改良すればいい
・すぐにわかるチャンスばかりが訪れるわけではない
・助けてほしいとほかの人に頼む勇気を持つ
・自分のへまは自分で片をつける
・人には正しく対応する
・みんながあなたに反対しても、あなたがまちがっているということにはならない
・他人の否定的な影響のせいで自分の人生を誤ってはならない
・会社にも良い会社と悪い会社がある
・悪い製品やサービスを提供する他人や会社への怒りを引きずらない
・否定的影響を排除して、肯定的なものに集中する
・お金を管理するスキルを学ぶ
・つらいからといって諦めてはいけない
・意地悪をされ否定されても諦めずに挑戦しよう
・危機的状況になってから練習したのでは遅すぎる
・幸運とは準備とチャンスが一緒になった状況のこと
・良いことは、永久的で、個人的で、全般的
・悪いことは、一時的(今駄目なだけ)で、非個人的(あなたに落ち度があるわけではない)で、個別的(それが駄目でも他の全てが駄目なわけではない)
・21枚の目標メモを作り、今日から毎日目標を書く
 (1年先の目標、5年先の目標とそのために必要なスキル、そのために喜んで諦めるもの、そのために今月すること)
・誠実さを磨く。たとえそれで損をすることがあっても。
・高い倫理基準を持って暮らす
・誠実でいること
・みんながしている、という誘惑に負けて不誠実な道にまよいこんではいけない
・不正のつけは自分に返る
・尊敬している人物の生き方を研究する
・「一貫性」の大切さ
・何でも最初は難しく見える
・実際に成功する前から成功した自分を想像して体験する
・決断する方法(十分な情報を持っているか?)
・消費者ではなく投資家として考える
・内からの願望を作り出す
・願望を作って育てるのは自分自身
・言い訳を排除する

Weekend Millionaire Mindset: How Ordinary People Can Achieve Extraordinary Success(原著)
posted by とーき at 02:06 | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

斎藤茂太「グズをなおせば人生はうまくいく」

グズをなおせば人生はうまくいく―ついつい“先のばし”する損な人たち
グズをなおせば人生はうまくいく―ついつい“先のばし”する損な人たち(文庫)

・できない理由を数える前に、やってみないことには何も始まらない
・本当にやりたいことは段階を踏んでいくうちに見えてくるもの
・休憩するのも決断が必要
・後回しにするとよけいに憂鬱
・どんなに長い間思い悩んでも出す結論は一つ
・運がいいと思っている人と悪いと思っている人のくじ運は変わらない
・運を呼び込む方法
・疲れや苦労を見せても、何もメリットはない
・人生の勝ち組になる人は決して優秀ぶらない
・初対面の人とは会話の中で共通点を探ることが重要

タグ:斎藤茂太
posted by とーき at 22:09 | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。