banner_02.gif

2008年03月16日

「依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか

「依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか

2006年刊

・精神的な成熟度の把握
 ステージT:「依存者」=問題は自分以外にあると考える人
  自信のなさそうな人:Have-Do-Be
  攻撃的・反発的な人:Do-Have-Be
  「無気力者」:参加意識を持たせる
 ステージU:自称「勝者」:Do-Have-Be
 ステージV:「分岐点に立つ人」;仕事中毒:Do-Have-Be
 ステージW:「主体者」;リーダー、一匹狼:Be-Do-Have
 ステージX:「協働者」;チームワークの構築者:Be-Do-Have

・コーチングとティーチング
・他人との比較ではなく、自分が本当にやりたいことをやる
・自分の正しさばかり追求しても、コミュニケーションは良くならない
・相手にどう伝わったか
・仕事の優先度は、コミュニケーションの深さに比例する
・言葉は大事
・相手の話に「反応」ではなく「選択」を
・すべての言動にはもっともな理由がある
・アドバイスではなく、ただ聞いて共感する
・ペーシング=同じ状態を作り出す、相手に合わせるスキル
・「沈黙」というテクニック
・成果を作り出すための10のありかた
 1. ゴールを決める;考えるより先に決める
 2. 正直;自分に正直になる
 3. 伝える;自分の夢や目標を言葉でまわりの人間に伝える
 4. リスペクト;人を尊重し基本を徹底する
 5. 冒険:背伸びした目標
 6. 参加100%;今ここに集中
 7. 責任;変化に柔軟に対応する能力
 8. 約束を守る;自分との約束
 9. リレーションシップ;良好な人間関係、ものごとのバランス
 10. 目標達成の強い意思;できるまでやると決める

・「オープン型」(5W1H)と「クローズ型」(YES/NO)の質問の仕方
 →管理好きのリーダーは無意識にクローズ型の質問を繰り返す
・不公平感がモチベーションを下げる
・リーダーが良いモデルになる
・あなたが変われば、あなたを取り巻くコミュニケーション環境も変わるかもしれない

・「凡事徹底」「継続は力なり」
posted by とーき at 15:32 | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89781132

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。