banner_02.gif

2008年02月09日

財務諸表論―合格する答案を書くトレーニング

財務諸表論―合格する答案を書くトレーニング

2001年刊

簿記(検定)の再入門のつもりで手に取りました。
実際には会計士や税理士試験受験者向けの本で、初めに想像した内容の本ではなかったのですが、その他の資格試験向けの勉強法としても参考になりそうな感じだったので拾い読みしてみました。

会計士試験などは記述式なのか、日本語の簡潔な書き方についての内容が大部分です。

・文章で回答する場合、主語が二つある文章、主語と述語が合わない文章は避ける
・答案は素人にも分かるように書く(専門知識のない中高生、初学者に説明するつもりで)
・必ず書かなければならないことと、書かなくてもよい説明的なことを混同して書かない
・音読したときに息継ぎできる文章を書く
・ポイントを絞って勉強する
・知識の量より質を高める(=自分の知識を正しく使える)
・標準問題を繰り返し解く(各分野100問づつ)
・標準的なテキストを音読する
・テキスト、規則集は受験勉強が一巡したところで新しいものと取り替える(学習習熟に伴い、線を引く箇所が変わる)
・勉強が一巡したら、ノートを作り直す
・ルーズリーフ式ノートを片面だけ使う方法がお勧め
・ノートは1ページに1つのことだけを書く
・毎日、ノートの全部のページをとりあえず開いてみる
・ノートをめくるときに気にかかる箇所を少し時間をかけて読んでみる(できたら音読)
・テキストを印やマークを付けながら毎日めくって、全体像が眼や脳に焼きつくようになって、全体の脈絡がつくようになってから、ノートを作り始める
・接続詞を使わない文章を書く(順接)
・通説、標準的な解き方で解答する
・問題文中のキーワード:探す→キーワードを使って文章を復元→キーワードからストーリーを作る
・遠まわしな表現を簡潔に理解する
・名詞を動詞に変える
・「の」を続けない文章を書く
・「的」「論」「性」を使わない
・主語を軽くする
・()は使わない
・「及び」「又は」を使わない
・長文を短文に直す
・結論・一番重要なことを先に書く
・量は質に還元できる
・答えが分からないときは、他の受験者が書きそうな答えを書く
posted by とーき at 12:54 | TrackBack(0) | 勉強術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。