banner_02.gif

2007年07月16日

中山庸子「中山式『いいこと日記』をつけよう」

「なりたい自分」になれる中山式「いいこと日記」をつけよう!
書きこみ式「いいこと日記」2007年版

「夢ノート」の中山庸子さんの本。
要は、「手帳に書けば願いが叶う」系の本の女性版。

・手帳という場で問題解決のための思考、気持ちの整理をしよう
・付け忘れた空欄の使い方(気に入ったフレーズを書き出す、自分へのQ&A、プリクラ・切抜き・チケット半券などを貼る)
・続けられる、自分に無理のない方法を検討しよう
・テーマがあった方が書きやすい(マネー、ヘルシー、グルメ、ファッション、ビューティケア、スポーツ、カルチャー)
・「いいこと」が見つからないという人は「いいこと」のハードルが高すぎる
・「明日したいこと」も書いてみる
・後で読みたくなくなったところは上から切抜きを貼る
・夢ノートコーナーも日記に加える
・日記を読み返す
・何もしないで「いい結果や知らせ」を待っていてもしょうがない。
 いい成果のために何かしたら今日の日記にマークを書き込もう


<中山庸子著書>
「夢ノート」のつくりかた―あなたの願いが、きっとかなう
捨てない!シンプル整理術 (講談社プラスアルファ新書)
「小柄な女」は、運がいい!
タグ:中山庸子
posted by とーき at 21:17 | TrackBack(0) | 手帳術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ロバート・キヨサキ「金持ち父さんの投資ガイド 入門編 ― 投資力をつける16のレッスン」

金持ち父さんの投資ガイド 入門編 ― 投資力をつける16のレッスン

<メモ>
・洗練された投資家になるためには頭と心の準備が必要
・もっと楽な生き方も、楽な投資方法もある
・給料をもらうこと、仕事による安定にしがみついてはいけない
・人が投資する3つの理由から優先順位を決める(安心、快適、金)
・安全を必要とするほどより多くの不足が生じる
・競争が激しいほどより多くの不足が生じる
・より豊かになるためには、人はより多くの技術を必要とし、より創造的、協力的になる必要がある
・「お金がない」ではなく「どうやったらそれを買えるようになるだろうか」と考える
・心配は問題を解決する邪魔になる
・一つの投資商品、方法にこだわらない
・自分の現在の経済状態と将来到達したい状態をはっきりさせる(プランを立てる)
・お金に関する言葉を学ぶ
・言葉が考えをつくり、考えが現実を作り、現実が人生になる
・単純なプランを守り通す(退屈さに飽きるから大抵の人は金持ちになれない)
・大部分の投資家が直感的な方法を好み、たいてい直感的な方法を使った投資家は間違っていた(機械的な方法に劣っていた)
・自分に合った投資プランを見つける
・投資プランは身近な人(素人)ではなく、ファイナンシャル・アドバイザーに相談する
・価値は時間とお金の両方によって測られる
・学校では従業員か自営業者として働く訓練をうける(ビジネスオーナー、投資家となるための訓練は受けない)
・現代の会社は(産業時代と違い)退職後の生活のための投資の面倒はみてくれない→自分で責任を持てるようにする必要がある
・勤労所得、ポートフォリオ所得、不労所得の3つの所得がある
・ポートフォリオ所得、不労所得のための努力が必要
・勤労所得を他の所得に変える
・投資家自身が資産(または負債)
・予測よりも準備を
・リスクと見返りを評価する能力、技術を身に付ける
・低リスク、高リターンの投資をしたいなら対価(勉強)が必要
・本当の資産
・財務諸表の読み方を学ぶ
・自分個人の財務諸表を作成し、更新し続ける
・一般的な会計の方法は資産と負債の両方を資産の欄に入れるため混乱が起こる
・損をするために投資してはいけない
・複数の財務諸表で全体を見る(あなたの支出は誰かの収入、あなたの負債は誰かの資産)
・本当に物事を学び、それを維持していくためには繰り返しが一番
・多くの間違いをおかして、間違いから学ぶ(間違いを避けるな)
・間違いから学ぶ用意をしておく
・資産は買わずに手に入れる(自分で生み出す)

アメリカのお金関係の本を読んでると、筆者が「そんな低い利息で満足するな」と言っているような、「平凡な人の安全第一な預金の利率」がうらやましくなります(年5〜6%とか……)。

不動産やビジネスを起こして数億稼ぐ、というのは無理にしても、せめて簿記とFP知識ぐらいは学んでおこうと思いました。

<関連書籍>
金持ち父さんの投資ガイド 上級編 ― 起業家精神から富が生まれる
金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
Rich Dad Poor Dad (Rich Dad's)(「金持ち父さん貧乏父さん」英語版オーディオブック)
Rich Dad's Guide to Investing: What the Rich Invest in That the Poor and Middle Class Do Not! (Kiyosaki, Robert T., Rich Dad Series.)(原著)
Rich Dad's Guide to Investing: What the Rich Invest in That the Poor and Middle Class Do Not (Rich Dad's)(英語版オーディオブック)
posted by とーき at 12:55 | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

RIC EDELMAN「平凡なのになぜかお金が貯まる人の8つの習慣」

平凡なのに、なぜかお金が貯まる人の「8つの習慣」

2002年刊(原著2000年刊)。
ファイナンシャルプランナーの筆者が、顧客である「普通の人」のうち、財産を築くことに成功している人の多くが実践しているお金に関する習慣をまとめた本。
日本人向けに、アメリカと日本の制度の比較などの補足が追加されています。

・その1:どんなにお金に余裕があっても長期のローンを利用する
・その2:投資はリスクを分散して考える
 (分散投資とドル・コスト平均法)
・その3:質素な生活を心がけ、その浮いたわずかなお金を投資に回している
・その4:投資に関して長期スパンで考えている
・その5:株価指数に関心を持たない
・その6:お金のことに時間をかけていない
・その7:お金について家族でオープンに話し合っている
・その8:新聞・雑誌・テレビの情報に惑わされない


私には「金持ち父さん」(不動産投資)よりは実践できそうな内容だと思いました。
「その8」に「ネット情報」も追加したいところ。

<関連本>
Ordinary People, Extraordinary Wealth: The 8 Secrets of How 5,000 Ordinary Americans Became Successful Investors and How You Can Too(原著)
The Truth About Money: "Because Money Doesn't Come With Instructions"

イーデルマン教授のお金はこうして守りなさい―「危機の時代」の蓄財術

<「8つの習慣」>
第8の習慣 「効果」から「偉大」へ
非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
図解 朝10時までに仕事は片づける―やればできる!あなたの朝に奇跡を起こす8つの習慣
posted by とーき at 00:11 | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。