banner_02.gif

2007年05月31日

神田昌典「お金と英語の非常識な関係」

お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
お金と英語の非常識な関係(下)―神田昌典の全情報ソース付き

図書館の語学コーナーでピンクの背表紙が妙に目立っていたので、気になって借りてみました。
筆者が実践した、英語情報から日本でのビジネスに生かせる情報を探す方法の紹介とその道義付けという感じの内容。

・洋書が読めるようになれば、有益な情報が入手できる
・100%内容が理解できなくても図版やキーワードだけから得られる本の少しの理解でも大きく役に立つことがある
・分厚い有益な本は日本ではなかなか翻訳されない
・フォトリーディングの勧め
・英語でビジネスをするのは楽しい
・経済予測理論(46歳人口によって景気が左右される。日本のピークは2020年?)と70年周期説
・発想は異質なもの同士を結びつけることから生まれる
・実用的で簡単なビジネス英語から学べ
・日常会話、専門外、単語力、文法、流暢、発音を捨てる
・自分の専門分野に関連する60分×3本分の英語を頭の中に入れる
・言いたいことを言うための文章パターンは意外と少ない
・自分がしゃべっている間は何も情報は得られない
・大きな声で、1オクターブ落として
・スタート地点とゴール(願望)を意識して走り出せ
・積み上げ方式よりも結果先取り方式を
・本当に英語が必要か?(通訳を使えばビジネスはできる)
・あいまいな目標は達成できない
・英語がしゃべれることに対する偏見は非常に強い(自分でブレーキをかけていないか)
・英語学習の障害(初期:努力が結果に表れない、足を引っ張る人が現れる、中期:中だるみ、自信過剰と自信喪失)
・成功するのを恐れるな
・海外で開催されるセミナーや展示会への参加が有益(洋書を糸口に)
・冷や汗一粒一粒が未来を作る
・下手な英語を誤魔化すテクニック
・コミュニケーションの進行パターンを学ぶ(興味→質問→答えの理由を聞く→違った視点を提供→意見の統合、の繰り返し)
・代表的なビジネス誌の紹介

〈紹介されている本〉
Tested Advertising Methods (Prentice Hall Business Classics)
Managing Corporate Lifecycles - Serbo-Croatian Edition
Awakening the Heroes Within: Twelve Archetypes to Help Us Find Ourselves and Transform Our World
Multiple Streams Of Income
非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣

まずは、自分の専門分野の英語を学べ、というのは、野口悠紀雄「「超」英語法」の主張と似ています。
テープ3本暗記は挑戦したいです。
タグ:神田昌典
posted by とーき at 00:52 | TrackBack(1) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

斎藤茂太「グズをなおせば人生はうまくいく」

グズをなおせば人生はうまくいく―ついつい“先のばし”する損な人たち
グズをなおせば人生はうまくいく―ついつい“先のばし”する損な人たち(文庫)

・できない理由を数える前に、やってみないことには何も始まらない
・本当にやりたいことは段階を踏んでいくうちに見えてくるもの
・休憩するのも決断が必要
・後回しにするとよけいに憂鬱
・どんなに長い間思い悩んでも出す結論は一つ
・運がいいと思っている人と悪いと思っている人のくじ運は変わらない
・運を呼び込む方法
・疲れや苦労を見せても、何もメリットはない
・人生の勝ち組になる人は決して優秀ぶらない
・初対面の人とは会話の中で共通点を探ることが重要

タグ:斎藤茂太
posted by とーき at 22:09 | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

書名メモ(5/20)

5/20朝日新聞より、興味を持ったタイトル

・酒井順子「女子と鉄道」(光文社)
・宮脇俊三「時刻表2万キロ
・ひろさちや「「狂い」のすすめ」(集英社新書)
・橋本治「「わからない」という方法」(集英社新書)
・「廃墟本 2 (2)」(ミリオン出版)
・坂東眞理子「女性の品格」(PHP新書)
・暮沢剛巳「美術館の政治学」(青弓社)
・「バルタザール・グラシアンの賢者の知恵」(ディスカバー21)
・「オープンヒア―インストラクションデザインの技法」(ワールドフォトプレス)
posted by とーき at 21:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

野口悠紀雄「「超」英語法」

「超」英語法
「超」英語法(文庫)

図書館で借りてたので流し読み。

・実用英語は話せることより聞けることが重要
・仕事では分野ごとの専門用語が重要
・学ぶ英語の種類を明確にすべき
 (専門的/正式/非正式、聞く/読む/話す/書く)
・文字通りに発音されない英語のルール
・英語のリズムの把握の仕方
・聞く練習の仕方(1000時間=2年間は勉強が必要)
・中学の教科書丸暗記が効果的

〈紹介されている本〉
ヨーロッパ退屈日記(伊丹十三)
中年英語組―プリンストン大学のにわか教授(岸本周平)
古代への情熱―シュリーマン自伝
posted by とーき at 11:01 | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎太郎「夢が見つからない人のためのシンプルな習慣 1日3分「夢」実現ノート」

夢が見つからない人のためのシンプルな習慣 1日3分「夢」実現ノート
「3日坊主」でも使いこなせる手帳術 計画ナシ!で夢が実現するシンプルな方法

「モチベーションシート」というフォーマットのシートに、行動記録と「やりたいと思ったこと(夢)」「今日良かったこと」などを記入していく手帳術について記載されています。

以前買った「1日3分「夢」実現ノート」の方は読んだだけで終了。
最近図書館で見つけて借りた「手帳術」の方を読んで、もう一度読み直しています。
最近プリンタを購入したので、フォーマットのPDFファイルをダウンロードしてA5の白紙のルーズリーフ用紙に印刷し、数日間記入してみました(http://www.forestpub.co.jp/taro/index.html)。

割と良い感じで続けられるかと思っていましたが、印刷した数枚のシートが尽きた時点で(また印刷して続けないとと思いつつも)止まっています。

まずはモチベーションシートの記入を再開して、1ヶ月ぐらいは続けていきたいと思います。

A5の用紙ではやや小さいので、B5の用紙を購入してきました。
本来はA4の用紙が推奨されていますが、さすがに大きすぎるかと。
続きを読む
posted by とーき at 00:53 | TrackBack(0) | 手帳術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに

このブログでは、「あなたが成功するには」「立派な人物になるためには」「○○手帳術」なんて系統の本を読むのは大好きだけれど、結局読みっぱなしで終わってしまう私、とーきの実践記録を綴っていく予定です。
posted by とーき at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。